クレジットカードを契約失効際の手続き自体は非常に簡便な作業なのですが契約解除する場合知っておきたい点も認識しておくことをすればクレジットの機能停止の作業をトラブルなしに終わらせることが簡単になるはずです。箇条書きに記してみましたから参考にしてみてほしい。クレジット発行直後即契約失効を行ってしまうのは非推奨:カード会社申請したあと時間を置かないでいきなりそのクレジットを契約解除申請してしまったならば、悪質な顧客などというようにカード会社の内部でレッテルを貼られてしまう意図せぬことがある(あくまで何度にもわたり発行⇒使用取りやめにをしてしまったケース)。特筆すべきは申請時のサービス・ポイントの獲得が目的であるカード発行のケースには商品券もしくは限定特典などの契約した時の特典の全てを味わい尽くしたから直ちに契約破棄の実行をした方が良いと考えたくなってしまう気持ちも納得できますが、クレジット会社側の思考法より考えればそういった利用者においては金輪際会社の用意するクレジットカードを自分勝手に使用されて余計なコストを増やしたくないというように認識するという意思決定が下されても文句は言えません。ですから、あくまで登録時の限定特典を狙ってカードなどを登録したケースでも、即失効実行せず最小でも1年の半分、可能ならば登録後365日の間はそのクレカ自体を契約を破棄せずおくということを推薦致します。一方で登録時の優待券だけに限ったことではなく、同様に申請してみたのはいいがいつ使えばいいかわからないから今すぐにでも使えなくしたいなどと考えてしまう様な場合であっても、180日が過ぎるまでは財布の中のクレカを保有しておいてください。カードをもらうが思っている以上にクレジットを新規に製作する用の経費は発生するものだと考えてほんの気持ち程度のゆとりを与えてあげよう・・・などと相手の事情を想像してもらえるならばお互い悪い気分にはならないでしょう