換金を目的にして電車等の回数券等をたくさん決済してしまうこと>カード現金化というもの使用せずに自分が換金する目的でクレカ利用をすることでも同様です。キャッシュ化する方法を目的としたクレジットカードショッピングというものは、カードのカード規約違反に繋がることからです。たくさんの新幹線の乗車券の他切手通販などでのクレジットカード使用をすると、時として現金化する目的では??と目をつけられてしまうことがありますので、十分な注意が大切です。もし、利用時点でキャシング利用額がいっぱいとなられてしまっている契約者ケースでは新幹線等の回数券等を決済することにトライすることだけであってもクレジットの会社から連絡が入る事例もあるため、お金がない時の利用については出来ないようにされていると思われます。懐事情に困っている際に試みるものは誰でも同じであるのでしょう。クレジットカードの発行会社にとって不都合な利用法をしてしまう→以前話題になった『永久機関』であったり、クレジット会社の立場からみて全く利益となることのないような不当な使用方法をした場合クレジット発行会社側から強制失効となってしまうことというのもある。インターネット上に噂になったポイントの不正搾取などの世間には広まっていない手段があっても、これらの行為というものはどう考えてもクレジットの規約違反であるからどんな理由があっても使わないようにしないほうがよいでしょう。強制失効させられた内容は他のカード会社へ流れる→強制没収させられても、他のクレカであれば問題ないんだから、1枚であれば大したことない?という風に思うあなた、昨今の情報化社会でその思考が身を滅ぼすことになる心配があるのです。というのもそもそも強制没収になってしまうような場合になるとクレジットカード発行会社から入手出来る信用情報機関というものへそれらの内容が通達されるため利用者の信用というものはなくなる場合もあるためです。どこかただの1枚であったとしても強制没収扱いとなった場合別会社のカードまでも契約しづらくなってしまうようですし、最悪今持っているカードまで失効させられてしまう事例もあるでしょう。それは免れて引き続き利用できるケースでも更新を迎えると継続できなくなることもあります。とにかく何度も記載したように強制没収させられるような使用は絶対することがないように健全にクレジットカードをご利用頂きたいと思っています。