クレジットカードのサービスが不要に思える…そのような時はサービスの無効化(むこうか)です。解説は不必要だと思いますが、カードの契約解除とは本人が使っているちょうどそのクレカを二度と小売店などで購入手続きが出来ないようにしてしまうことを意味します。今お読みになっている記事においては無用なカードの使用を取りやめる仕方から無効化に際しての留意点などを余すところなく挙げて参ります。この解説をわかってもらえたならば解約に関する疑問点を解決して気楽になっていただけると思います。誤解を恐れずに解説するが不要になったカードを機能停止する手段はとても簡単。「クレジットに一回加入したら、直ちに契約解除するのは手間じゃないのか?」または、「カード会社の使用不可能化の申し込みが大変なんじゃないだろうか?」と誤解してしまう使用者も多いという話だけれども、意外にも簡単なことにクレカの機械読み取り側に表示された会社の受付け窓口に問い合わせをしてクレジットカード機能停止の考えを言うということだけで楽に使用不可能化が可能(わずか3分程度で)。クレジットカードを作る際は面倒だったのとは対照的に無効化の手順はまさかこれでいいの?などという風に拍子抜けして何も考えられなくなってしまうかもしれません。実際に解約申請は労力なしに終われるのでしょうか?もちろんである。クレジットの解約申請は稀な条件を除外すると、退会のために取り寄せなければいけない届け出用紙も関係ない上に長い間引き止められるなどという事態もあるとは思えません。全く一回「御社の▽▽カードを解約したいと思い、ご連絡さし上げたのですが・・・」というように受話器の向こう側の係員に向けて話すようにすれば結構です。本当のところ、知人も10枚以上にわたってクレカを使用中止してきましたが機能停止についてトラブルに陥ったような事はないのでそのような悩みについては不安に思わないで頂きたいものです。家内を通じて教えてもらった噂では無効化を希望したところ無効化しなければいけない事情は何であるかを差し支えなければ聞いてもいいかと言われるという例外的なやり取りがあったが、単純にアンケートの域を出ない軽いやり取りだったと言っていたのでしつこく継続を迫られる面倒もまずないということです。言わなければいけなくなったという状況に直面したとしても正直に『年会費がもったいないので』や『競合他社のクレジットのDMを読んだらそちらが良さそうだと考えたから』などと話してしまえば問題ないのです