クレジットのいらなくなった…そのような考えが浮かんだら契約解除(けいやくかいじょ)をしてしまいましょう。解説は無用だと思われますが、カードの使用取りやめとは読者の皆さんが所持している当のカードを二度と店舗などにおいて使えない状態にしてしまうことを言います。あなたが今読んでいるこの項目でカードの機能停止の手段から機能停止に関する注意事項などを力を入れて解説してみました。これを理解して下されば契約解除の心配事をきれいさっぱり取り去ってくれると考えております。割り切って書くとするならば、不必要なクレジットを使用不可能化するやり方はすごく手間がかかりません。「クレジットにいっぺん手続きをしたら、思い通りに機能停止することは難しいんじゃないの・・・」あるいは「クレジット会社の退会のやり取りが億劫なんじゃないだろうか?」といった具合に誤解してしまう利用者もたくさんいると聞くが意外にも簡単なことにクレカの裏側に記載されている受付窓口に連絡をし、クレカ無効化の意向を言うということだけであっという間に使用不可能化ができます(なんと3分くらいの申請で可能)。クレジットカードを使用し始める際はあり得ない程大変だったけれども使用中止の事務手続きはたった数分間のやり取りで終了しちゃうの?という具合に驚愕してしばし呆然とすることだろう。正真正銘使用中止の申請は簡単に完了できるのでしょうか?ご心配ありません。クレジットの使用不可能化の申し込みは特殊な事例を考慮に入れなければ、退会のために要するフォーマットもないばかりかねちっこく慰留されることもあるとは思えません。嘘偽り無しにたった「所有している△△クレジットを退会したいのですが!」といったように電話口の係員に口頭で依頼するようにして頂ければ大丈夫です。実は、私の友人も以前から25枚以上のカードを機能停止するためにカード会社の社員と話してきたものの、ひとたびたりとも使用中止で問題が起こったような事態はまずないのですからそのような点は必要以上に考えないで間違いありません。友人から小耳に挟んだ実話によると退会を希望したらそのわけに関して尋ねられたというという例外的なやり取りがあったということですが決して大仰なものではなく聞き取り調査に類するものだったようで、しつこく継続を迫られる事態も知る限りないと言っていました。万が一わけを言わなければいけなくなったという場面に出くわしても『使う理由がなくなったため』であるとか『他社のクレジットサービスのホームページを見たらその方が便利そうに思えたので』などと話してしまえばおしまいです